時々、本来の用途がお皿ではないモノに、料理を盛り付けて食卓をコーディネートしています。

ちょっとキッチンを見渡してみると、なにかしら器の代わりになるようなモノが色々とあるものです。
いつものお皿に飽きたときには、それらを器(うつわ)として使うのも新鮮です。

ホーローのバットで、プレートご飯

例えば、ホーローやステンレスのバットなどは、汁が出る料理やソースをかける料理でも平気なので、よく使うアイテムです。
一見なんだか味気の無いような感がありますが。いざ料理を盛り付けてみると、そのシンプルな色や形が料理を引き立ててくれ、プレート皿として使用するのには丁度良い感じなのです。

この、ホーローの白や、ステンレスのシルバーなどの色はナチュラルな感があり、料理との相性も良く、彩りが映えてキレイに見えるので、ちゃんと料理が主役になってくれます。
そして、ワンプレートご飯ということにでもなると、食器の数も少なくて済むため、キッチンで作った料理をテーブルにサーブする時も楽ですし。また、洗い物が少なくなるので後片付けも楽です。

その他にも、ボウル、保存容器、製菓用品、などとキッチンには使えるものが色々とあります。

例えば、小さ目のステンレスボウル、これにはただ普通に野菜を入れてサラダボウルとして使えます。
さらに、中にペーパーナプキンやキッチンペーパーなどを敷くと、ポテトフライ、オニオンリング、カットしたパンなどを入れる器としても最適です。

ステンレスボウルにポテト
パイ皿の上にぶどうパン

また、製菓用品であるパイ皿をそのまんま皿として使用したり。ゼリー型を小鉢として使用したりもします。
製菓用品には、無機質でシンプルなデザインのものが多いので料理が引き立ちます。

ほかにも、ケーキクーラーなどは、パン皿の代わりとしても使えますし、上にワックスペーパーを敷いてプレートの代わりとして使ってもおしゃれです。

また、パウンドケーキの型などは、内側におしゃれなペーパーや布などを敷くと、カットしたパンなどを入れるためのバスケットの代わりとしても使えます。

パウンドケーキの型は細長い形状なので、端にドリンクのカップを差し込んで、空いた所にパン・チキンのから揚げ・ポテトなどを入れると、簡単なランチの完成です。

パウンド型でパンバスケット

ほかにも、ガラスの保存容器に付いているガラスのフタを小皿として。
また、ホーロー製の丸い保存容器は、小さ目のどんぶりの様な形状とサイズなので、そのままどんぶりとして使ったりもします。

カッティングボードの上にカナッペ

そして、木のカッティングボードです。
日本では、まだ少しまな板のイメージが残っていますが、
以前から、海外を紹介するテレビ番組などを観ていると、食事の風景などのシーンで、木のカッティングボードに盛り付けられたおしゃれな料理がよく出てきていました。
しかし最近では、国内の何かしらの情報媒体でも、お店が紹介されてるコーナーでは、木のカッティングボードに盛り付けられている料理をよく見かけるようになりました。
と言うか、国内でもあたりまえのように定着している感さえもあります。
ブレッドボードとしてや、チーズボードとしてテーブルにセッティングするのもおしゃれですし。
また、プレート皿として、料理やスイーツなどを盛り付けるのはもう定番です。

以上のように、いつも使っているお皿を別の物に代えてみると食卓の景色も変わり、いつもの料理が新鮮に感じられて気分も上がります。
そして、見た目も味のうちと言うくらいなので、料理がおいしく感じるようにもなるものです。


テーブルの上に料理

木のカッティングボード / 商品一覧へ
▲ of nou(オブノウ)Online Shop