よく行く産直で、少し時期はずれなブルーベリーを見つけました。

以前、梅や キウイフルーツを使って、美味しいフルーツビネガーを手作りすることが出来たので、調子に乗って、また新しく漬け込む為の果物を探していたところでした。

しかも、この頃は細かい仕事も多く、目が疲れ気味。 そんな時、ブルーベリーっていいですよね。

ということで、ブルーベリーでもフルーツビネガーを手作りしてみることにしました。


ブルーベリービネガーを作る

ビネガーの製作途中

作り方は、以前作ったフルーツビネガーとほぼ同じです。

今回の割合は、【酢】2【氷砂糖】2【果物】1 にしたいので、用意した材料は、

【リンゴ酢】‐‐‐‐‐ 200cc
【氷砂糖】‐‐‐‐‐ 200g
【ブルーベリー】‐‐‐‐‐ 100g

完成したところ

漬け込んでから1週間ほどで完成です。
あとは、ブルーベリーの実をビンから取り出して、フタをしっかりと閉めて冷蔵庫で保存します。

取り出した実も、後でそのまま食べようか、ジャムにしようか、それともケーキを焼く時にでも中に入れようか、と思っていたので、容器に入れて冷蔵庫で保存しておきました。

ちなみに、今回は生の実を使いましたが、冷凍モノでも同じように作れます。

グラスに注いで氷を入れてある

出来上がったブルーベリービネガーを水で3倍に割り、氷でつめたく冷やして飲んでみましたが、
果実の風味がよく出ていて、すごく美味しいです。
これなら、酢の味がすこし苦手な方でも飲み易いと思います。

他にも、炭酸水や牛乳で割ってもいいですし、お湯で割ってホットにしてもいいです。
また、ビネガーの原液をバニラアイスなどにかけて食べてもいいかもしれません。


取り出したブルーベリーの実でジャムを作る

酢の中から取り出して 冷蔵庫で保存しておいた実を、一粒つまんで食べてみました。
今回のブルーベリーは時期はずれだったせいか、とにかく酸っぱくて、そのままでは食べづらいものでした。
かといって、我慢して食べるのもキツイし、捨てるのももったいない。
ということで、ジャムを作ることに。

【 材 料 】
取り出したブルーベリーの実 ‐‐‐‐‐ 87gでした
グラニュー糖 ‐‐‐‐‐ 40g
今回作った、ブルーベリービネガー ‐‐‐‐‐ 15cc

ジャムの材料を混ぜているところ

【 作り方 】

1.鍋に、実とグラニュー糖を入れて、実全体にグラニュー糖が絡まるよう軽く混ぜ合わせます。

2.次に、ビネガーを入れたら、そのままの状態で実から水分が出てくるまで置いておきます。

ジャムを煮込んでいるところ

3.実から水分が出てきたら鍋を強火にかけて、煮立ってきたらアクを取って中火にし、焦がさないように時々ゆっくりと混ぜながら煮詰めます。

4.とろみがついてきたら出来上がりです。
あまり煮詰め過ぎると、冷めた時に硬く飴のようになってしまうので注意が必要。

完成してビンに詰めたところ

熱いうちに瓶などの保存容器に移し、冷めたら冷蔵庫で保存します。

今回は、ついでに作ったので、あんまり量が出来ませんでした。


手作りしたビネガーとジャムを使って フラッペを作る

ブルーベリービネガーと ジャムを作ったので、この両方を活用してフラッペも作ってみました。

【 材 料 】2人分

牛乳 ‐‐‐‐‐ 300cc
ブルーベリージャム ‐‐‐‐‐ 50g
ブルーベリービネガー ‐‐‐‐‐ 30cc

ビネガーを入れるのは、ヨーグルト風の味にするためです。

牛乳の氷をミキサーで砕いている

【 作り方 】

1.牛乳300ccを製氷皿に入れ、冷凍庫で凍らせて『牛乳氷 』を作っておきます。

2.ビネガー、ジャム、牛乳氷を ミキサーに入れて攪拌します。

牛乳氷は硬いので、はじめはミキサーが回りずらい場合がありますが、
そんな時は、菜箸などで底の方にある牛乳氷を突っついてはミキサーを回す、突っついてはミキサーを回すを繰り返すうちに、牛乳氷が細かく砕けて、菜箸などで突っつかなくてもスムーズに回るようになります。

完成したフラッペをグラスに注ぐ

3.あまり長くミキサーを回しすぎると、フラッペ感が無くなるので、程よい好みの硬さになったところで止めて、グラスなどに注いで完成です。

濃い紫色のブルーベリーと 白い牛乳氷が混ざって、すごくキレイな色になりました。

グラスに注いでミントを飾る

お好みでミントなどを添えて、スプーンでいただきます。

ビネガーと牛乳氷がミックスすると、フローズンヨーグルトのような味になります。
また、滑らかでありながらも、かき氷のような氷の粒も感じられる舌触りで…、これ美味しいです。

このフラッペは、牛乳が凍るまでに多少時間は必要ですが、とても簡単に作れてしまいます。

 

スムージーにしても、また美味しい

ちなみに、スムージーのようにしたいときは…。

レシピ通り、牛乳は300cc全部使いますが、
『 牛乳氷 』を作るときに、牛乳を半量の150cc分だけ使って、
残りの150cc分は『普通の牛乳』のままにしておきます。
あとは、同じ作り方で。

いただく時は、太めのストーローで飲むか、グラスからそのままで。


ナチュラルキッチン雑貨
木と鉄の雑貨 of nou
インダストリアル家具
木と鉄の家具 of nou